田部美術館

 

せっかく山陰へ行ったので、松江市の田部美術館に行く。

この美術館は茶道具を展示する小さな美術館で、

菊竹清訓氏の設計(1979年)。

 

とてもよかった!

 

大きな屋根は入母屋になっていて、コールテン鋼で作られている。

雪止めであろうと思われるリブが屋根全体に千鳥に入っていて、リズムを感じる。

 

 

屋根に樋はなく、軒先にスリットが開いている。

ここから雨が落ちる計算なんだろうなぁ、と思っていると

 

 

その下には排水溝。

グレーチングの錆具合を見ると、計算通りに雨が落ちているのが良くわかる。

コールテン鋼はあらかじめ錆を出した鋼材なので、その錆が流れるんだなぁ。

ただのグレーチングが錆でいい感じの経年変化を醸し出していた。

 

 

小さな展示室3つだけの美術館だけれど、ロビーはおおきな空間でとても気持ちいい。

展示室以外は写真を撮っていいので、なかなかこのロビーから離れること出来ず。

力強くざっくりとした大らかさを感じる空間だけど、随所に見るべきディテールがある。

 

 

ロビー奥のスロープ入口から振り返るとこんな感じ。

ここの天井高は2mくらい。

空間のメリハリがはっきりしている。

 

 

トイレの入り口。

古い石垣のある裏庭を一面全体に見せていて、グレーの石と緑が静謐感を与えていた。

 

本当にとてもよい一日になった。

かっこいい、大人の建築です。

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

「田部美術館」への2件のフィードバック

  1. この建物が雪に覆われたときの姿も見たいですね。なんか参考になりそうな気がします。

  2. adrianさま
    そうですね。雪に覆われたときの姿、迫力があると思います。
    その時期に松江に行くことができれば、報告します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です