小原流豊雲記念館

 

先週末(5/20)、小原流豊雲記念館(清家清・1962年、1970年) の見学に行く。

御影駅のちょっと山手にあるので、いつも横を通っていたけれど

いつも閉っていたので中に入ったことはなかった。

念願叶って!なのだが、例によって取り壊しの噂。

最後のメモリアル花展が開催されていて、館内も写真OKとのことで撮ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな御影石とコンクリートと鉄の太く力強い造形に圧倒される。

それでいて螺旋階段から続く手摺の美しさや踏板の納まりなど、意匠も遊びも随所に凝っていて

建築的なエネルギーを深く感じる。

ただ経年とその造形に因むであろう傷みもあちこちに見受けられ、

これを維持することの難しさもよくわかる。

 

先月の丹下さんの建物もそうだけれど、建築が力強さを持っていた時代。

軽やかさが主流の現代とはまったく違う魅力に、なにか考えさせられるものがあった。

 

 

 

御影山手の景観を象徴し牽引してきた建物なだけに、寂しい気持ちにもなる。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

香川県営住宅一宮団地

 

先日の香川行きの続き

高松市内でもう一件、ということで

香川県営住宅一宮団地(丹下健三・1964年)へ

 

県立体育館と同年代なので、こちらも取り壊しなのかもと思いながら訪ねてみると

思いがけず外装は綺麗に改修されていて、これからも使い続けられるのだろうか。

とても大規模な団地で一巡りするのにも時間が掛かったけれど、

雁行する長屋建ての連続が美しく、

斜めに切り取られた形状が空を一層広く感じさせるようだった。

 

 

あまりにも真っ白過ぎるかなぁ?と思ったけれど、

帰って丹下事務所のHPで見ると、竣工当時から白く塗装されていたよう。

 

補修されていない棟も時代を感じさせる味わいがあって、対比が面白い。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

香川県立体育館

 

週末、所用があって香川県へ。

折角なので建築見学をと思い、香川県立体育館(丹下健三・1964年)へ行く。

 

既に閉館されて何年か経っているので寂れた感はあるが、

建築的な迫力と力強さに心の底から圧倒されて、震えるような気持ちになる。

 

船のような形で、両端が反り上がるように屋根が吊ってある。

 

構造と意匠が一体となっているものは、魅力的だ。

ハニカム状のコンクリート屋根が迫ってくるよう。

 

近くで見ると荒々しいほどの迫力。

 

 

コンクリート製の造作が随所に見られ、

それが建築に重厚さを与えているように感じる。

 

耐震改修工事の入札が不落札に終わり、すでに新しい体育館のプロポーザルコンペが始まっている。

取り壊されるのか、保存されるのか。

保存の会の活動も引き続き行われているようです。

香川県立体育館 保存の会

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

週末

 

秋晴れの日曜日

先月台風で中止となった六甲名建築探訪ツアーが開催され、参加。

六甲ケーブルの山上駅~六甲山ホテル、ヴォーリスの山荘、六甲カントリークラブ、六甲の教会、六甲枝垂れ

と解説付きで巡るツアーで通常公開されていない空間も見学でき、とても良かった。

詳しい感想はまた後日。

 

六甲枝垂れ(三分一博志氏設計)

環境と造形が一体となっていて、感銘を受けました。

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

三徳山三仏寺投入堂

 

お盆期間中の8月14日、国宝投入堂に参拝した。

 

一番奥の投入堂が有名だけれど、山門からの道中には文殊堂や地蔵堂、鐘撞など数々のお堂があり、

その多くが重要文化財だ。

 

 

天候は曇りで湿度が高かったが、夏休み中のせいか参拝の方は多かった。

参拝というより、もはや登山!

参道(山道?)は木々の根が剥きだしで滑る滑る(汗;)

鎖を掴みながら登るその道は、やはり修験道。

往復1時間半と聞いたけれど、2時間くらいかかりました。

 

最初のお堂、文殊堂。

靴を脱いで回廊をぐるっと回る。

もちろん手摺など無く、自己責任で!落ちたら真っ逆さまです。

しかしそこからの景色は絶景!

周辺の山々が遠く低く感じました。

 

途中、鐘撞で鐘を撞き

 

目的の投入堂へ。

参拝で行けるのはここまで。

柱や梁などの構造材は案外ほっそりしていて、軽やかで美しい印象。

写真では分かりにくいのだけれど、屋根の板葺きの小口が美しく、補修などの手入れがされているようで、

そう考えると、その工事の際、どうやってお堂に近づくのか?とか

足場はどうやって組むのかしら?などといった疑問が!

職業病ですね。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

西山夘三のすまい採集帖

 

週末の日曜日

 

所用で大阪に出掛けることがあり、その足で

『西山夘三のすまい採集帖 展』

を見に、グランフロントのLIXILギャラリーへ行く。

お金持ちの邸宅や、立派な歴史的建造物などではなく、大正から昭和にかけての

いわゆる庶民の暮らしを本当に克明に調査、スケッチした西山夘三氏の展覧会。

 

とても現実的で興味深く、またあまりの克明なスケッチやメモに圧倒されて

小さな会場ながらとても楽しめた展覧会だった。

 

興味ある方にはおすすめです。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

田部美術館

 

せっかく山陰へ行ったので、松江市の田部美術館に行く。

この美術館は茶道具を展示する小さな美術館で、

菊竹清訓氏の設計(1979年)。

 

とてもよかった!

 

大きな屋根は入母屋になっていて、コールテン鋼で作られている。

雪止めであろうと思われるリブが屋根全体に千鳥に入っていて、リズムを感じる。

 

 

屋根に樋はなく、軒先にスリットが開いている。

ここから雨が落ちる計算なんだろうなぁ、と思っていると

 

 

その下には排水溝。

グレーチングの錆具合を見ると、計算通りに雨が落ちているのが良くわかる。

コールテン鋼はあらかじめ錆を出した鋼材なので、その錆が流れるんだなぁ。

ただのグレーチングが錆でいい感じの経年変化を醸し出していた。

 

 

小さな展示室3つだけの美術館だけれど、ロビーはおおきな空間でとても気持ちいい。

展示室以外は写真を撮っていいので、なかなかこのロビーから離れること出来ず。

力強くざっくりとした大らかさを感じる空間だけど、随所に見るべきディテールがある。

 

 

ロビー奥のスロープ入口から振り返るとこんな感じ。

ここの天井高は2mくらい。

空間のメリハリがはっきりしている。

 

 

トイレの入り口。

古い石垣のある裏庭を一面全体に見せていて、グレーの石と緑が静謐感を与えていた。

 

本当にとてもよい一日になった。

かっこいい、大人の建築です。

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

大阪松竹座

 

所用があって大阪・難波へ。

各メーカーさんのショールームを訪ねるために梅田や本町辺りへは時々出掛けるけれど、

難波は本当に久しぶり。

 

あまり時間が無かったので、大阪松竹座をパチリカメラ

 

 

松竹座.jpg

 

様式美を感じる、重厚感あるファサード。

近年の新築建築物では、なかなかこの重厚感は無いですね。

 

大正12年築のこの外観を残して、建物自体は1997年に新しくなっています。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

かっこいい建築

 

神戸製鋼の建物。

 

格好いい!

 

工場なので余計な装飾は全く感じられず、かといって排気口やダクトの配置に繊細な計画が感じられる。

上手く言えないけれど、力強さと成熟さを持った、鎧のような建築だと思う。

 

こういう建築を目指したい。

 

かっこいい建築.jpg

 

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)