プロジェクトR 棟上

 

冬晴れの日

プロジェクトRの棟上

 

総勢10名ほどで、一気に上げていく

 

整然と並んだ梁

 

 

考えたとおりのボリューム感にホッと安心しつつ、これから完成に向けて

いつもながら、身の引き締まる思いです。

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

経年

 

打合せで西宮へ行った帰りに久しぶりに鷲林寺へ行ってみる。

 

ここの境内のトイレを設計させていただいたのは、もう10年ほど前のことだ。

2011年に西宮市都市景観賞をいただいたのだけれど、それは市民の方からの推薦だったようで、

受賞の知らせには本当に驚いて、この小さな建築をいいなぁと感じてくださっている方がいらっしゃるんだなぁと

とても嬉しかった気持ちを思い出す。

 

久しぶりに訪ねたトイレは綺麗に手入れしていただいており、

漆喰の壁も、竹の格子も、墨入りモルタルの床もいい風合いになっていて、

その場所にすっかり馴染んでいるようだった。

 

ピカピカの新築ももちろん心躍るものだけれど、

10年くらい経って周辺やその暮らしに馴染んでいる様を見せていただくのが

本当に嬉しい。

 

こういう感じがとても好きです。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

寒い一日

 

寒い一日だった。

アトリエの辺りもこの冬初めての霰雪が降った。

現場に着いた頃には穏やかだった空は、打合せをしているうちに雪模様に。

標高の高い場所はみるみる積もる。

 

 

 

帰る頃には路面は真っ白になりました。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

プロジェクトR基礎

 

山の敷地は雪。

朝アトリエを出るときにも寒いなぁ、と思ったのだけれど

現場は薄っすら積もっていた。

 

立上りの型枠が取れて打設のときより一回り締まった感じだ。

 

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

基礎コンクリート打ち

 

プロジェクトR、基礎コンクリートを打設する。

この時期、山の気温は急激に下がってきているので

コンクリートの強度には温度補正を行っている。

 

傾斜地でPLANもちょっと変形しているので、配筋も型枠も打設も職人さん泣かせだゆう★

 

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

木材加工工場へ

 

プロジェクトRのクライアントと木材加工工場へ行く。

ここはただの製材所ではなく建築用の材木加工から木質チップの製造まで、

木材を極力捨てることなく加工し、資源を生かしてくれるところが素晴らしい。

 

もちろん持ち込みの木材も加工してくれる。

 

今回のプロジェクトに使える木を選び、打合せ。

それにしても生の丸太の山を見学できる機会はそうないので、その迫力に圧倒される。

奥が深くて面白そうな仕事だ。

そうしたひとつひとつの加工場や職人、技術者などの多くの手を借りて建築は出来上がっていく。

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

食洗器を新しく

 

両親の家の食洗器を新しくした。

18年前(1999年)キッチンをリフォームした際、導入した食洗器はホシザキ㈱のものだった。

業務用厨房機器のホシザキ㈱が、当時家庭用に売り出していた食洗器は優れもので、

とても重宝した。

なんといっても業務用の発想で、乾燥なしで洗浄わずか6分!!

ラックごと出し入れするので、次のラックに食器をセットしておけば、次々洗ってくれた。

人数の少ないときも、多いときも。

高温で洗浄するので乾燥機能なんかなくても、洗浄後外に出しておけばスッキリ乾いていた。

いつも臨機応変に実直にフル回転で活躍してくれたのに・・・。

 

ホシザキ㈱は家庭用の商品から撤退してしまったのだ。

あまりにも無骨で売れなかったのかなぁ。。。

本当に残念。

 

18年もメンテナンスの必要もなく働いてくれたそのホシザキも、ひとつ、またひとつと

機能が使えなくなってきて、音も大きくなってきた。

去年あたりから、そろそろ買い替え時かなぁと検討しつつ、次に何を導入するかが悩みどころに。

普段の食器量はそれほど多くないので、国産のものでも良いように思うのだけれど、

年に何回か人数が集まるとき。

そのときが問題だなぁと考えつつ、あとは今のサイズに適応するもの。

などと検討を重ねた結果の結論は、ミーレの食洗器。

 

 

1回の洗浄時間が2時間近く掛かるのが気がかりだったのだけれど、なにしろ一度に洗える量が多い!

なので何回も食洗器をまわす必要がなくなりました。

動作パネルが英語表記で、田舎の母に使いきれるか心配だったけれど、親切な機器説明で問題なく、

洗い上がりも満足です。

 

こういった機器類は一般的に10年~15年が買い替えの目安だ。

18年ももってくれたホシザキには本当に満足している。

18年も経つと使う人間の身体能力も変化してきて、

食器を入れた重たいラックを中腰で上げ下げすることも、負担に感じてきた頃だった。

ミーレも20年くらいは頑張ってくれるかなぁ?

よろしくお願いいたします。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

気になる壁2

 

気になる壁シリーズ2

 

 

牛乳パックを積み上げた、安定性のいい壁。

無作為に留められたガムテープがなんとも面白く、ちょっと造形的でもある。

この壁で仕切られた1帖ほどのスペースが彼女の大切な空間らしい。

おもしろい。

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)