works

島の家

隣棟間隔が比較的離れている緑豊かな傾斜地の一角に、この家は建っています。
クライアントからの要望は4点。

1. 食べることを大切にしたい
2. 人が集まりやすい、友人が遊びに来やすい家
3. 開放的な家
4. ラフで気軽な作りこまれていない家

その答えとして、各部屋をおおらかに繋ぎ、キッチンスペースを家の中心に据えた計画としました。
建物全体をひとつの空間と捉え、リビングに設けた吹抜けを介して家中に風が通り抜け、光が差し込むよう、壁を出来るだけ作らず、それぞれの空間は天井までの片引き戸や5枚建ての引違い戸で仕切っています。
玄関という場は敢えて設けず、ウッドデッキから直接同じ床レベルでモルタル床のリビング、そしてフローリング床のダイニング・キッチンへと繋げ、デッキからキッチンまでを一帯の空間としました。
ウッドデッキは敷地北西の山側傾斜地につながります。
南西の谷側に眺望のための大窓と台所仕事のためのテラスを設け、季節と暮らしを愉しむための工夫を盛り込みました。
外壁は全面米杉板張りで、デッキとテラスの手摺は仕上塗装をしない溶融亜鉛メッキとし、綺麗すぎないざっくりとしたその仕上げは、力強さとともに経年変化も楽しめます。
竣工お引渡し時点が完成ではなく、時間とともに成長する家です。

撮影 多田ユウコ
to top