renovation

M先生のアトリエ

古いマンションの一室を服飾のアトリエと住まいにリノベーションする、という計画。建設後40年以上経っているこの部屋には、出入口のアーチ、格子の硝子扉、玄関から風を取り入れるガラリ戸など、空間を構成するそれぞれに装飾の気配が残っていた。それらを生かしながら出来るだけ再利用し、新たな価値をこの部屋にもたらせるよう計画した。
プランにおいてはパブリック空間(アトリエ)とプライベート空間(住まい)を明快にゾーニングし、互いの具体的な動線と目線の遮りなどを考慮し、必要な間仕切壁や建具を設けた。
また玄関からアトリエに続く廊下はあえて巾を広げ、ギャラリーとしての機能を持たせることでパブリックとプライベートが入り混じるセミパブリックな空間となっている。それぞれの空間が落ち着きを持ち、居心地のよい一室になった。

to top