renovation

Yさんの家

昭和40年代に建設されたマンションのリノベーション。
今ほど建設資材が規格化・製品化されていない時代の建物で、マンションといえども
大工や左官といった職人の手仕事の跡がくっきり残された、古いながらもとても魅力的な空間であった。この部屋がもともと持っているそうした魅力やその歴史を継承しつつ、これからの暮らしのために新たな心地よさを持つ空間にしたいと計画した。
間仕切壁を撤去し、天井は建物の躯体コンクリート面をあらわにすることで、新旧の意匠的重量が違和感なく溶け合い、尚一層の魅力をこの部屋に与えることが出来たと思う。
平面構成はワンルーム空間とし、ゆったりと暮らせるように。また浴室は既存のタイル壁を生かし、浴槽、床、天井を新しくすることで、明るく清潔感のあるゆったりとした浴室になった。

to top