works

傾斜地の家

敷地の緩やかな傾斜に沿うよう、ゆったりとおおらかな家を計画した。
玄関から続く大きな天井はやわらかく家全体を包み込み、要所々々を壁や格子又は手摺で仕切ることで空間に落ち着きと広がりを与えた。
敷地に沿うスキップフロアの断面計画は三次元的なつながりと適度な独立性を生み、この家での暮らしにリズムを持たせている。
艶を抑えた白い左官の壁と天井が窓からの陽射しをやわらかく反射していく。
「家族がゆっくりとくつろげる家」穏やかで仲の良いこの家族にぴったりの、伸びやかでゆったりとした家になった。
低炭素建築物認定住宅

Photo KINUMAKI
to top