renovation

宝塚の家

南の庭に面した客間を、家族のためのリビングと応接間に改装した住宅。
もともとあった柱や鴨居を残すことで和の構成を形作り、
落ち着きのある空間とした。
木の素材感を生かしながらも濃い色に染色することで木目を押さえ、
その簡素さが静謐さを生み出している。
雪見障子越しに陽の明るく照らす南の庭を眺めると、
まさに対照的ながら互いに生かし合い、内と外のつながりを感じる。

to top