works

上福原の家

周辺に田畑や農家が残る住宅地に建つ4人家族のための家。
様々な来客にストレス無く対応できるよう、独立した空間としての玄関を設け、さらに回遊可能なプランとした。住宅を設計するときはいつも、家族個々人が自分の交友関係や空間で過ごしつつ家族として気配を共有することができるよう、平面的のみならず立体的にもつながりを持たせたいと考えている。この住宅では2階に家族共用の広間を設け、ここを中心に玄関、ダイニングキッチン、子供室とそれぞれつながっている。姿は見えなくても家族の気配を感じる、まとまった雰囲気を持つ家になった。

to top