works

錦町の家

古くからの住宅密集地に建つ4人家族の為の家。
1階は玄関土間に続く来客の為のスペースと、奥に位置する家族のための安定した空間で構成している。 玄関は家族の空間から伸びている縁側でつながり、式台に腰掛けて近所の接客をする、この地域の風習にならっている。
その奥に続く応接間はそのまま土間となっており、玄関と一体の空間を作り出している。家族の空間は適度な壁、建具、柱などで仕切られ、ほとんど個室にこもることのないこの家族の生活のベースとなっている。

to top