flow&price

建築家に依頼して「良かった」と思ってほしい。

私たちは設計者として、
建築主の方々の最も身近な専門家として寄り添いたいと考えています。
それは建設に関わる費用の把握についても同様です。
予算の大小に関わらず、
建築主の方が持っていらっしゃる住まいに対する潜在的なご要望を見つけ出し、
ご提示いただいた予算の中で、最善のご提案をするよういつも心がけています。

竣工までの流れ

1 お問合せ~ご相談

ご希望があれば、
土地探しもアドバイスいたします。

お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。
建築主さまの住まいに対する基本的な想いをまずお伺いします。そして私たちの住宅に対する考え方やh+mアトリエでの仕事の進め方などもお話させて頂きます。「気が合いそうだな、ちょっと任せてみたいな」とお感じになられましたら住まいに対するご要望や建物の規模、ご予算など具体的なご希望を伺います。このご相談がこれからの家づくりのベースとなります。お互いの価値観を共有できるかどうかが重要なポイントであり、妥協してはいけない部分です。互いに納得できるまで、何度でも打ち合わせさせていただきます。土地の選定についてのご相談も承ります。建築士として周辺環境や設備環境、建築する場合の法律制約などアドバイスさせて頂きます。(遠隔地の場合、別途敷地までの交通費を頂戴する場合がございます。)

2 ご提案

打合せを重ねた内容とともに敷地調査をし、ラフプランをご提案いたします。このとき全体の概算予算、今後のスケジュールなどのお話しもさせて頂きます。ご依頼いただくかどうかをじっくりご検討ください。

3 設計監理契約

この段階で契約金のお支払いを
いただきます。(10万円)

これまでの打合せやご提案に納得いただき正式に設計を進められる場合、設計監理契約を締結させて頂きます。契約に際しては、設計監理料の仮算定を提示し、お支払方法の確認も致します。

4 基本設計

基本設計完了時点で設計監理料の30%−契約金を請求させていただきます。

基本設計とは建物の間取りや外観を具体的にまとめる業務です。これまでの打合せをもとに模型や図面を作成し、建築基準法・構造計画をチェックしながらイメージをまとめ、外構計画を含めた家全体の構成を固めていきます。ここで素材感や設備の仕様、空間の雰囲気などを打合せし、イメージを共有したいと思います。

5 実施設計

実施設計とは建物を施工する際に必要な詳細図を作成する業務です。心地よい空間を作り出すための材料の決定、納め方の詳細な指示などを図面化していきます。必要に応じて構造計算を行い、建物の安全性を確認いたします。実施設計の期間中も何度か打合せさせていただき、最終的に図面がまとまりましたら一通りご説明させていただきます。

6 工事見積り・建築確認申請

工事金額確定後、設計監理料の40%を請求させていただきます。

実施設計がまとまりましたら、施工会社に工事の見積りを依頼いたします。見積りが提出されましたら適正な金額かどうか精査いたします。仮に予算との調整がつかない場合は減額案を作成し、ご提示いたします。工事金額確定後、建築確認申請を行います。

7 工事着工・現場監理

いよいよ工事着工です。建築の工事は現場での作業が大半です。商品を購入して組立てると言うわけにはいきません。設計通り施工が行われているか、品質は確保されているか、工事の進捗はどうか。建築主の方の代理人として現場監理を行います。また期間中、現場にて直接ご説明したり、サンプルを確認いただいたりします。工事中には建築基準法による中間検査などの申請や立会いもいたします。

8 竣工検査・引渡し

工事金額精算後、設計監理料の
残金を請求させていただきます。

工事が完了しますと建築主の方と一緒に、事務所としての完了検査を行います。また建築基準法による完了検査も申請、立会います。不備等がありましたら手直しし、取り扱い説明をした後、お引渡しいたします。

9 メンテナンス及びアドバイス

お引渡し後の1年点検を行っています。1年以内でも、点検後でもお気づきの点がございましたらいつでもご連絡ください。住宅も年を経るごとに変化していきます。とくに無垢の素材は手入れ・調整の必要なものや、時間を掛けて馴染むものがあります。お手入れ方法のアドバイスや調整の手配など、いつでも承ります。

設計監理料について

新築の場合

※規模の如何にかかわらず、最低設計監理料は250万円+消費税となります。
※総工費3000万円〜5000万円の範囲は上記料率で直線補間いたします。
※以下の項目は別途必要な場合がございます。

  • ・構造計算が必要な場合の構造設計料
  • ・敷地測量費用および地盤調査費用
  • ・確認申請等の審査機関への手数料(実費)
  • ・確認申請以外の法定手続きが必要な場合の業務手数料
  • ・遠方の場合の交通費
内装工事の場合

※以下の項目は別途必要な場合がございます。

  • ・既存構造躯体の調査、設計が必要な場合の構造設計料
  • ・用途変更などに伴う、確認申請等の業務手数料
  • ・遠方の場合の交通費
to top