外壁下塗り

 
住吉山手の家の外壁は『米杉』という板貼りですが、現場で板を貼る前に裏面にも保護塗料を塗っています。
これは防腐や板の反りを防ぐために行っています。
住吉山手の家/外壁下塗り

久しぶりに現場の状況

 
住吉山手の家の1階床仕上げは『墨入りモルタル』です。
今はその下地の工程。 断熱材を入れて、ワイヤーメッシュを敷いたところ。
この上にモルタルを塗っていきます。
壁にはボードが貼られ、室内空間が随分わかるようになってきました。
住吉山手の家/床の施工

秋の大山


鳥取に出張中です。
秋晴れの気持ちいい景色。

外壁の色

 
外壁の塗料を検討中です。
住吉山手の家では外壁は板材なので塗装面積も大きく、建物の印象にも深く影響します。
折角の木目を壊さないよう、出来るだけ自然の材料で周囲にいやな匂いなど撒き散らかさないよう。
本来の目的である耐候性やメンテナンスやもちろん価格のことも考えての選定です。
今日中には決定です。
住吉山手の家/外壁サンプル

窓からの眺め

『休みの日は家にいるのが気持ちいいなぁ』と感じてもらえる家を設計したいといつも思っているので、
街中の住まいを設計する場合、窓の配置や大きさには特に気をつかいます。
住吉山手の家は南面には小さな小窓がひとつあるだけ。
その代わり東面と西面は全面の窓!
現場用のネットがしてある今でも心地いい風が家の中を抜けていきます。
そして今はまだわかり難いのですが、東側一面に山の緑が目の前に広がります。
 住吉山手の家/窓からの眺め

ラッタッタって知ってます?

街中ちょい乗り用の原付バイク、H+Mの愛車リトルカブです。
これで坂の上の現場までも気軽に移動しています。
ラッタッタというのは、その昔販売されていた原付バイクで、リトルカブとは全く別物なのですが、
なぜだか我が事務所ではこんな風に呼んでます。
頑丈で昔から庶民の足だったスーパーカブを少しかわいらしくしたデザインです。
見た目とうらはらに重量があり、発進時も坂道でもスクーターのお姉さんに追い越されます
そこらあたりもまた愛着のあるところ。
おじいさんやおばあさんになってものんびり軽快に走りたいなぁと思っています。
リトルカブ

住吉山手の家 屋根工事

住吉山手の家の屋根はガルバリウム鋼板葺きです。
8月も末のまだまだとっても暑い日々に、板金工事に入っていました。
かわいそうになるくらい暑そうな職人さん・・・
住吉山手の家/屋根工事1
住吉山手の家/屋根工事2
ここのところようやく朝晩涼しい風が吹くようになりましたが、
ほんとうに今年の夏は暑かった。

ホームページができました

 
このたび、H+Mアトリエのホームページを開設いたしました。
少し面映い気持ちですが、よろしければご高覧ください。
お知らせ

http://www.hplusm.jp/
上のパソコンは先日大騒ぎした、8年もの。
今回はグラフィックボードの交換で復活してくれました!!!
今のうちに、新しいものを検討しなければ。。。

パソコン壊れる…

8年以上相棒として頑張ってくれていたパソコン。
昨日いつも通り図面を描いたり、調べものをしたり…していたその時!!
画面の線がなにやら揺れたように感じ、そのまま解読不明な状態に。。。
あぁ…この暑さが原因か、長年の埃がたまってしまったのか、それとも単に寿命なのか。
明日ソフマップに検査入院です(涙;)
しかし8年かぁ。よく働いてくれました。

階段がつきました

 
うっかりしてたら、前回の更新から2週間近く経ってしまいました。
現場もちょうどお盆休みで進まず、今週から本格的に再開です。
というわけで休み明けの本日、階段が設置されました。(正確にはまだ側桁だけですが・・・)
住吉山手の家/階段取付け1
住吉山手の家の階段は家のちょうど真ん中に配置し、この階段によって空間が仕切られます。
住吉山手の家/階段取付け2
側桁と手すりは鉄骨。これに無垢材の段板が取り付きます。
住吉山手の家/階段取付け3
側桁設置完了。
つい先日まで基礎工事をやってたように思うのですが、工程通りちゃくちゃくと現場は進んでいます。