書寫山円教寺(姫路市)

姫路での打ち合わせの合間に書写山へ

書写山円教寺4.jpg
ロープーウェイで山頂まで

書写山円教寺0.jpg
新緑の美しい参道をてくてく20分

書写山円教寺1.jpg
ようやく山門(仁王門)

書写山円教寺2.jpg
さらに15分ほどで魔尼殿へ
京都の清水寺と同じ舞台作りの仏堂で、武田五一の設計だとのこと。
武田五一は明治大正時代の洋館や銀行などの設計のイメージだったのでちょっと驚きです。

この魔尼殿からさらに奥へ5~6分行ったところに『大講堂』『食堂』『常行堂』という三つの堂があり、
そこが圧巻でした。
しかし写真がうまく撮れてなく・・・
こちら
でご確認ください。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

器具選定中

具体的な納まりや仕様を決めて図面化していく実施設計期間中は地味~な日々が過ぎていきます。
毎日毎日パソコンに向かって図面を描く日々。
しかしながら、これだ!という納まりを考え付くととても大きな喜びもあります。
 
2013_0605 照明器具選び.jpg

h氏ただいま実施設計大詰めにて、照明器具のカタログを広げて奮闘中。
しかしLEDの器具が増えました。
器具はスマートでカッコいいが、器具と電球が一体となっておりLEDが切れると器具ごと交換。
いいのだろうか?

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

緑の家

東城の家3.jpg

以前勤めていたときに担当していたh邸。
竣工して8年。 緑いっぱいの気持ちいい家になっていた。
ガーデニングの雑誌に掲載されてもいてもおかしくないほど、きれいに住まわれている。
『家に居るのが好きなんよ~』
『友達にもいつも来て見てもらうんよ~』
大切に住んでくださっている。
気になる箇所の補修を相談いただいて、『また伺います』と失礼した。

とてもうれしい気持ちになった。

建築は特に住宅は引き渡した後そこに住む人の個性で様々に変化していく。
もちろん設計段階でその人柄やその人の大切にしていらっしゃることをできるだけ理解して、
かたちにしお渡ししようと考えているけれど、引渡しのときはいつも緊張する。

うれしさとともに、改めて気持ちが引き締まる思いの一日だった。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

姫路モノレール

姫路モノレール.jpg
姫路市内を車で走っているとなにやらモノレール的な高架の線路を発見。
しかしあまりにも古く、途中で切れているし、あきらかに廃線跡。
調べてみると昭和41年に開業、そのわずか8年後に休止されたようですが。。。
先日の 鉄塔 といい、この廃線跡といい、個人的にはなかなか興味深いです。
姫路モノレールについては こちら に詳しく掲載されています。
手柄山というところにも面白そうな建造物があるようですね。
神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

あさりの運命

昨日スーパーで見つけた君たちを
帰ってすぐに塩水のおうちへ
元気のよい君たちは
このおうちを気に入ってくれたのか
ぴゅっぴゅっと己の生きてることを見せつけて
キッチンの上はあちこち水浸し
まないたも調味料も紅茶の缶も水浸し
あぁ、かわいい君たちよ
今夜にはお味噌汁になってしまうのね

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)