國府理 未来のいえ展

展覧会のタイトルに惹かれ、西宮市大谷記念美術館で開催中の 國府理・未来のいえ展 へ行ってきた。
自動車や自転車といった乗り物をモチーフにした作品群で、それぞれの作品にはエンジンであったり、
ペダルであったりと、乗り物としての機能が備わっているようだ。
機能が備わっているということが面白い。
造形的にもなんだか楽しかった。
そして身近な素材が使われているところになんともいえない勝手な親近感を感じ、
どんな製作過程なのか聞いてみたい感覚に襲われた。


『プロペラ自転車』


『未来のいえ』

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

めでたし

以前勤めていた事務所の後輩Tくんのwedding party
とてもアットホームで暖かなparty でした。
とても可愛らしく、しっかりした雰囲気のお嫁さん。
いつもはどちらかというとクールなTくんが、
照れと酔いで紅くなった顔をくしゃくしゃにして、
本当に幸せそうだった。

本当に良かったね。

心から、おめでとう。

しかし私は相当辛口の先輩だったみたいです。ごめんね!

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

書寫山円教寺(姫路市)

姫路での打ち合わせの合間に書写山へ

書写山円教寺4.jpg
ロープーウェイで山頂まで

書写山円教寺0.jpg
新緑の美しい参道をてくてく20分

書写山円教寺1.jpg
ようやく山門(仁王門)

書写山円教寺2.jpg
さらに15分ほどで魔尼殿へ
京都の清水寺と同じ舞台作りの仏堂で、武田五一の設計だとのこと。
武田五一は明治大正時代の洋館や銀行などの設計のイメージだったのでちょっと驚きです。

この魔尼殿からさらに奥へ5~6分行ったところに『大講堂』『食堂』『常行堂』という三つの堂があり、
そこが圧巻でした。
しかし写真がうまく撮れてなく・・・
こちら
でご確認ください。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

器具選定中

具体的な納まりや仕様を決めて図面化していく実施設計期間中は地味~な日々が過ぎていきます。
毎日毎日パソコンに向かって図面を描く日々。
しかしながら、これだ!という納まりを考え付くととても大きな喜びもあります。
 
2013_0605 照明器具選び.jpg

h氏ただいま実施設計大詰めにて、照明器具のカタログを広げて奮闘中。
しかしLEDの器具が増えました。
器具はスマートでカッコいいが、器具と電球が一体となっておりLEDが切れると器具ごと交換。
いいのだろうか?

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)