実施設計

 

現場と並行して『Sさん家』の実施設計を進めている。

 

ものづくりは何でもそうなんだろうけれど、

実施設計って洋裁に似ているな、と思ったりする。

 

脇と裾をミシンでジャーッと縫って腰の部分にゴムを入れたら、とりあえずスカートは完成する。

だけどそれではなんだか淋しいし、

それを着て外に出掛けたい気持ちにはちょっとなれないなぁ。。と考えて、

全体のシルエットはどんな風にしようか、ギャザーを寄せる?タックを取る?

ポケットはデザインして見せた方がいいのかな?

ファスナーは隠したほうがスッキリするかも!

そもそもこのスカートでどんなところへ出掛けよう?

歩いたり座ったりし易くないとね。

ところでこの生地は素敵だけど高いのかしら?

懲りすぎても時間やお金が掛かりそうだし、ちょっとだけ刺繍で遊んでみようかな。

それならやっぱりウエストゴムで、シンプル且つカッコよくできないか!!!?

などなどなど・・・(笑)

 

住宅の設計も同じように、

そんな思考を繰り返しながらひとつひとつ丁寧に詰めていくことで、

ぐっと落ち着いた馴染みのいい空間になると思う。

 

そんな風に考えています。

 

 

 

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

コメントを残す