香川県営住宅一宮団地

 

先日の香川行きの続き

高松市内でもう一件、ということで

香川県営住宅一宮団地(丹下健三・1964年)へ

 

県立体育館と同年代なので、こちらも取り壊しなのかもと思いながら訪ねてみると

思いがけず外装は綺麗に改修されていて、これからも使い続けられるのだろうか。

とても大規模な団地で一巡りするのにも時間が掛かったけれど、

雁行する長屋建ての連続が美しく、

斜めに切り取られた形状が空を一層広く感じさせるようだった。

 

 

あまりにも真っ白過ぎるかなぁ?と思ったけれど、

帰って丹下事務所のHPで見ると、竣工当時から白く塗装されていたよう。

 

補修されていない棟も時代を感じさせる味わいがあって、対比が面白い。

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です