香川県立体育館

 

週末、所用があって香川県へ。

折角なので建築見学をと思い、香川県立体育館(丹下健三・1964年)へ行く。

 

既に閉館されて何年か経っているので寂れた感はあるが、

建築的な迫力と力強さに心の底から圧倒されて、震えるような気持ちになる。

 

船のような形で、両端が反り上がるように屋根が吊ってある。

 

構造と意匠が一体となっているものは、魅力的だ。

ハニカム状のコンクリート屋根が迫ってくるよう。

 

近くで見ると荒々しいほどの迫力。

 

 

コンクリート製の造作が随所に見られ、

それが建築に重厚さを与えているように感じる。

 

耐震改修工事の入札が不落札に終わり、すでに新しい体育館のプロポーザルコンペが始まっている。

取り壊されるのか、保存されるのか。

保存の会の活動も引き続き行われているようです。

香川県立体育館 保存の会

 

 

 

住宅や店舗、事務所の新築や改築をご計画中の相談、いつでもお待ちしています。

神戸市の建築設計事務所 H+M atelier(エイチプラスエム アトリエ)

 

コメントを残す